スイの勉強日記

働く人のメンタルヘルス、ダイバーシティ、LGBT、人事労務関連の法律などの勉強記録

睡眠に関するサービスが増えているらしい。

最近、睡眠に関するサービスが増えているみたいですね。

 

メンタルヘルスと睡眠は切っても切れない関係ですし、日頃人事のお客様と接していても、ストレスチェックなどをきっかけに、社員に対して睡眠に関する情報提供をしたい!と思っていらっしゃる企業はたしかに増えているなぁという印象です。

 

記事にあった帝人さんの睡眠の質が測れるウェアラブル、面白そう!使ってみたい(*^▽^*)

記事内に、

利用する企業は睡眠の状況から健康を害するリスクが高い従業員に産業医の診断を勧めるなど対応が取れる。

という記載があるけど、それも面白い。メンタルヘルス不調の早期発見に繋がるかも。今、メンタル不調の休職者に対して、生活リズムや睡眠についての記録を、人事や産業医やカウンセラーが書かせて復職前の状態の確認に使っているのも、今後もっと双方の負担が軽くできるようになっていくのかも。

 

一方で「監視社会だなー」「プライバシーの問題で嫌だと思う人も多いのでは?」とも思うけど。自分の生活が筒抜けになっているような感覚はどうしても持ってしまうよなぁ(^_^;)