スイの勉強日記

働く人のメンタルヘルス、ダイバーシティ、LGBT、人事労務関連の法律などの勉強記録

広辞苑のLGBT記載の件

日経新聞でこんな記事を見かけました。

LGBTの説明、修正検討 岩波書店広辞苑第7版

要は、LGBTを「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と説明したことにツッコミが入ったようですね。わたしも当事者の一人として、これは確かに修正した方がよさそう、と思いました(^_^;)

LGBTと一口に言ってもLGBとTではあり方が全く違うのですよね〜。

 

LGBTとは…

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの総称です。

このうち、「LGB」については性的指向を表す表現です。

  • レズビアン→女性に性的、感情的に惹かれる女性
  • ゲイ→男性に性的、感情的に惹かれる男性
  • バイセクシュアル→男性、女性どちらにも惹かれる人

一方で、トランスジェンダーはというと身体の性と心の性が不一致である人のことを指します。つまり、LGBが、誰に惹かれるかの話をしているのに対して、トランスジェンダーは性別のことを言っています。

たとえば、トランスジェンダーで男性の体を持って生まれてきたしまったけれども自分は本来女性なのだ、と感じている人が、女性に対して惹かれる、トランスジェンダーレズビアン、という人もいるわけです。

だから、「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と一括りにされてしまうと、性的指向のレイヤーで定義されているわけではないトランスジェンダーは、説明が当てはまらないということになってしまう、と。

ちなみに、なぜ全く違うはずのLGBとTがくっついた用語になっているのかというと、性的少数者の権利を訴える活動をする中で、LGBとTが連帯して活動してきたからという理由のようです。

 

未だ正しい理解が進まない現実

この件を見てわたしが思ったのは、LGBTっていう用語が流行りのように言われるようになったけれど、意外に世間ではふんわりとしか理解されていないんだなぁということです。

だって辞書(しかも広辞苑)を作っている会社なんて相当に気をつけて言葉選びをしているはずだし、何回もチェックをしているはずで。情報の誤りや誤字脱字=商品の欠陥、ですからねぇ。本になるまで誰も気づかなかったって、つまり普段身の回りにLGBTという言葉がないからだと思うんです。

確かに、人事部門の人ならしっているそもそもがクローゼットでカミングアウトしていない人もかなり多いですし、カミングアウトする時だってわざわざLGBTの定義説明しませんもんね。(わたしの場合「パートナーは女性です」とだけいうことが多いです。人によってはレズビアンだと思われているかも。よほど仲良くなければわざわざ説明しませんし。)

 

ちなみに…

ちなみに当事者のわたしでも性的マイノリティを指す用語、最初は全くわかりませんでした(笑)カタカナばっかりで難しいですよね〜。

基本の概念は、「ジェンダー(男性か女性かそれ以外か)」と「セクシャリティ(誰を好きになるか)」の二階層があるってことをおさえておくだけでもぐっとわかりやすくなると思います。

そしてさらに言えば、ジェンダーセクシャリティもぱっきり「男!」「女!」みたいに分けられるわけでもなくグラデーションであり、変わることもある(特にLGBについては自らを定義する言葉なので…)ということだけ知っておいたらより理解が進むかも。本当はLGBTなんて言葉じゃ表せないくらい、性別と性的指向ってたくさんのあり方がありますから。たとえば人に性的には惹かれないけど恋愛感情は抱く人もいますし、パンセクシュアルのように「その人だから好きになったわけであって男か女かなんて関係ない」って人もいますので。