スイの勉強日記

働く人のメンタルヘルス、ダイバーシティ、LGBT、人事労務関連の法律などの勉強記録

がん治療と仕事の両立について(学び始め)

がん治療と仕事の両立についての話題をよく聞くようになりました。まだまだ私は勉強中なのですが、覚書程度に、最近勉強して知ったことを書き留めておきたいと思います。

 

がん治療のこと

がんは長らく日本人の死因ナンバーワンで、2人に1人が一生のうちに罹患し、そのうち3人に1人は働いている間に罹患するといわれています。がんといえば昔は長期入院や死に至る病というイメージがつきものでしたが、最近は治療もどんどん進歩していて、がん治療で通院しながら仕事をされる方もかなり増えてきているようです。

発生する部位がさまざまで、転移の可能性もあることから、経過や治療の方法もさまざま。だからこそ、企業ががん治療と仕事の両立に取り組みたい!と思ってもなかなか一律の対策は難しいようです。

 

がん治療を受けながら仕事をする困難

治療を受けながら仕事をするにはさまざまな困難がつきもののようです。例えばこんなこと。

  • 病気にかかっただけでも不安でつらいのに、治療や検査のために病院に行くたびに休まなければならないので同僚に迷惑をかけているという気持ちが強まる。
  • がんによる症状はもちろんのこと、治療による副作用等も含め、働きながら出てくる体調不良に対処しなければならない。影響の強さや期間によっては休職の必要がある場合もある。
  • 同僚や上司の理解不足のために、本当は働ける状況でありその意思もあるのに休養するよう告げられるような場合もある。逆に、短時間勤務や残業禁止などの産業医指示の就労上の措置が適切に守られない場合や、治療のための休みがとりにくい場合もある。
  • 治療と仕事の両立に関する社内制度があったとしても、がん患者がその制度を知らなかったり、病名や状況を正確に職場に伝えずに辞めてしまうこともある。

 

感想とこれから

わたしが少しこれらのことを調べてみて感じたのは、がんって言うとやっぱり仕事は難しいのでは?と思いがちでしたが、医療もかなり進歩しているんだなということ。同じように思う人もたくさんいると思うので、同僚や部下にがんの人がいて、果たして適切な対応ができるだろうか…と思いました。研修などの啓発活動もとても大切でしょうね。

それから、介護と仕事の両立と同じで、そういう状況になってみないとわざわざ情報収集しないし、かといっていざそういう状況に陥ってからでは、動揺してしまってうまく会社や社会の制度を使おうというところに行き着けない場合もあるということを感じました。

だからこそ、制度がある場合は、企業の方から従業員に対して周知をしていくことって大切だなと思いました。今やほとんどの企業がなんらかの対応をしている育児や介護の制度ですら、未だに情報がイントラネットや共有フォルダの奥底に眠っていて本気で探さないと辿り着けないみたいなことがあるので、がん治療と仕事の両立も同じことになりかねないなぁ、と。

また、制度もがん治療を視野に入れた休職復職制度、時短勤務制度ではない場合も多いと思うので、そのあたりの整備も必要ですし、がん治療と仕事の両立をする方の心のケアも大事だなと思いました。がんになったってだけでもショックで不安なのに、仕事をしていく上で同僚や上司に気を使わざるを得なかったり、お金のことが気になったり、メンタル的にも大変なことだと思います。そこをカウンセリングや人事面談などでカバーできるといいですよね…。

 

今日は、まだまだ浅い知識ですが少しだけがんと仕事の両立について考えてみました。また厚労省発の資料などを読みながら、知識を深めていきたいです。

ではまた!