スイの勉強日記

働く人のメンタルヘルス、ダイバーシティ、LGBT、人事労務関連の法律などの勉強記録

ハラスメント対策のこと

ハラスメント研修って、人事部のなかで、かつては「とりあえず何年かに一回はやっといた方がいいもの」「管理職になったくらいのグレードの人には一度はうけてもらうもの」適度の扱いでした。しかし近年その重要性が見直されつつあるように思います。

 

やっぱり電通事件はエポックメイキングで、それ以降、長時間残業問題だけではなくハラスメントの問題についても、各企業の経営陣が敏感になっているように思います。

世の中の人たちも同じで、ハラスメントという言葉が定着し、種類はなんと30種類を超えると言われています。

これまでも問題視されてきたパワハラ、セクハラ、モラハラはもとより、政府でも問題視されているマタハラ、パタハラ、ケアハラ、そしてアルハラ、スモハラ、スメハラ、ソーハラ、アカハラ…などなど、パッと思いつく限りでも沢山あります。

 

こんな話をするとよく聞くのは「あれもこれもハラスメントになるなんて生きにくい世の中だ!」「ハラスメントを気にしてたらもう何も言えなくなってしまう」という言葉。

これって「ハラスメントをしないこと」=「NGワードを言わないこと」と捉えているからだと思うんです。ハラスメント研修の功罪のうちの、「罪」の部分。一般的な企業の実施するハラスメント研修は「NGワード」の羅列になりがちだったりするので、そう捉えられてしがちなのかな、なんて思います。(女性の髪型や服装のことや結婚してるか否かに触れてはいけない、とか。)

たしかにそのパターンで考えていくと、増え続けるハラスメントの種類に一個一個対応していかなきゃいけない!大変!なに話せばいいの!?ってなるのはちょっとわかる気もします。

 

個人的には、ハラスメントが起こらない世界って、相手の立場に立っていかに考えられるかということか大事であるように思うんです。完全に理解できなくてもいいから、相手と同じようにものを見てみると、わかることも多いと思います。これって不思議なことに、ハラスメント上司でも業務上では「おまえお客さんの立場に立って考えてみろ」って言ってたりするんですよね。だからきっとできないわけではない、はず。

お客さんにするのと全く同じように、とは言いませんが、部下や同僚に対しても、自分の価値観を押し付けたり決めつけたりするのではなく、相手が見ている世界を共有できるくらいちゃんと会話して、背景を想像して、顔色を見てちゃんと話すことと、相手が嫌だと感じることを万一言ってしまったらフォローする、ってことが大切なんだろうなと思います。

 

なんだかそういう、価値観や大事にしてることは人それぞれだよねっていうことを伝えつつ、コミュニケーションのトレーニングをするような研修プログラムがあったらいいのになと思いました。

 

ではまた!