スイの勉強日記

働く人のメンタルヘルス、ダイバーシティ、LGBT、人事労務関連の法律などの勉強記録

管理職になりたくない女性

女性活躍推進に関して各企業様で良く聞くこと。
それは「管理職になりたくない女性」問題です。
国は管理職の女性比率を上げたいようだし女性活躍推進の行動計画作れとか言われるけど、実際女性にアンケート取ったりヒアリングしたりすると「管理職になりたくありません」「リーダーくらいならいいけど」と言われるという話。

 

一応同じく女性の端くれで、まだまだ若手~中堅くらいの位置にいるわたしとしては「気持ちはわかる」。

 

だって管理職って大変そうですよね。
自分の過去の歴代上司を見てみても、常に忙しそうで眉間に皺を寄せていて、残業いっぱいしていて、部下はまったく思い通りにならなくて、いつも何かしら悩み事や課題を抱えている、っていうイメージが強いです。

 

でも、きっとやりがいはあると思うんです。
動かせる金額だって変わるし…。今自分で感じている「この上司の判断、どうなの?」「わたしだったらもっと違うやり方をする」みたいなことが本当に自分でやれるようになりますし。
そして金銭的なメリットもけっこうあると思うんです。
単純な役職手当っていうだけではなくって、その後のキャリアとそこで稼げるお金も含めて。
誰しも、ああ、今のこの仕事をずーっと、定年まで続けるのかあ、それはちょっとなあ…みたいなことを思ったことがある人もいると思うんですよね。それが、管理職になることで結構ドラスティックに変わることもあると思うんです。

 

でも、管理職になりたくない理由として、自信がないとか、これまで女性が昇進している例を見たことがないからやれる気がしないとか、管理職になりたいなんて言ったら周りになんて思われるかなと思って敢えて言っていないとか、そういうのもあるとは思うんですが、なにより、「残業いっぱいしていて」っていう時点でもうNGなんだと思います。(とても残念なことに性役割分業意識がまだまだ根強く残っているので…)
しかしながら残念ながら上にいけばいくほど残業が多くなる企業がやっぱり多いんですよねえ。


だから、組織として女性管理職を増やしたいのであれば、女性のスキルアップとか意識改革とか、ロールモデル作りとか、そういうのも大事だと思いますが、一方で、今いる管理職の残業削減とか、管理職がいなくても回る職場作りも、もしかして相当大事な仕事なんじゃないかなって思うことがあります。
まあ、言うは易し、行うは難し、ですが。

 

今日はここまで!ではまた!