スイの勉強日記

働く人のメンタルヘルス、ダイバーシティ、LGBT、人事労務関連の法律などの勉強記録

社労士の勉強進み状況

先日こんなブログを書きました。 その後勉強計画を立てて進めています。 やっぱり仕事状況に繁閑があり、プライベートの予定も繁閑があるので、月単位で勉強状況を合わせようとしているのですが、それにしてもなんで先週今週は公私ともにこんなにスケジュー…

本をたくさん買ってしまう病

読みきれないのに本を大量に買ってしまう病に昔から罹患しています。最近は自己啓発本とかを全く買わなくなって、仕事関係の本と、たまに小説って感じなので、完全なる無駄遣いではない点でマシなのですが。毎月カードの決済日過ぎるとまとめて買ってしまい…

意外と知られていない「新調査票」を使ったストレスチェック

ストレスチェック制度ができたときに57問の質問項目を厚労省が推していたために、意外と知られていないのですが、ストレスチェックには120問の調査票や80問の調査票が存在します。ストレスチェック会社が独自に作ってるものではなく、厚労省の委託研究で作ら…

「残業の主張」セミナーに参加して感じたこと(ざっくり)

経営学習研究所「≪働く個人≫による残業の主張~平成×昭和で語る~に参加してきました。なんだかとても考えさせられる場でした。帰ってきてからもずっとモヤモヤ考えてしまっています。 昭和生まれの人、平成生まれの人がそれぞれ登壇して「自分にとって残業と…

カウンセラーさんのすごさ

わたしは働く人のカウンセリングを扱う会社に勤めていますが、その前の職場でメンタル不調一歩手前になってしまい、カウンセリングを受けたことがあります。そして、大学時代にも自分のセクシャリティと家族の問題で悩んでスクールカウンセラーさんに話を聞…

ストレスチェックの組織分析が悪かった部署の対応

政府から言われているストレスチェックここまでにやりなさいよ〜という期限が毎年11月末。そして労基署への報告が3月末。多くの会社で年度の初めは4月。 …ということも関係してか、わたしのいる会社では怒涛のようにストレスチェック後のフォロー施策のご依…

最近直したいと思ってるいくつかの癖

最近直したい仕事上の悪い癖があります。そろそろちゃんと向き合わないと12月の業務が崩壊する…。 机の上が汚い=紙類が多すぎて保管できてない。机の中にもうスペースがない。 顧客訪問の記録や定期報告の類の仕事を貯めてしまう。毎日、もしくは、毎週ちょ…

【メモ】若手社員との関わり方

今日お客さまとの間で話が出て、ちゃんと答えられずにモヤモヤしているので、今後考えたいことをメモします。 職場に若手社員の方の不調が増えているというご相談でした。不調になられる方の特徴としては、 二十代で入社数年以内 なにかと自信満々である 上…

働き方改革はコミュニケーションのトレーニングから!?

最近よく思うのが、働き方改革って時短の工夫を個人でも組織でもやっていくことのように思われていますが、コミュニケーションの生産性を上げることも大事、ということです。 わたしは、昔の上司の影響で、「結論から話す」癖が、完璧ではないものの、それな…

社労士試験勉強計画

いや〜…流石に焦り始めました。社労士試験。 今年ダメだったので、来年の8月にまた受けるつもりなんですが、今年の試験終わった直後に「こりゃ一年丸々かけて、試験前のこのくらいのペース維持して勉強しても受かるかわからんぞ…」と思ったはずなのに、1ヶ…

ストレスに対処する

ストレス対処法、みなさんはどれだけもっていますか? 前回の記事でストレスに気づくことの大切さについて書きましたが、気づいてからの対処をいかに早く効率よくできるかも大事。 今日は自分自身を例にとってストレス対処法の話をしてみます。 ストレス対処…

ストレスに気づく

ストレスに気づくことって、個人にも組織にもとっても大切なことだなと思います。 実際どうかという議論はありますが、ストレスチェック制度を国が作った目的の第一は、一次予防(未然防止)であり、従業員にストレスについての気づきを与えること、ですし。…

ブログこねくり回し期に突入

もともと仕事関係の知識やその日考えたことやニュースを蓄積してこうと思って始めたこのブログ。いつのまにか1カ月経ってました…。思いのほか早かった…。 わたしはとても内省的な人間なのでほっとくと自分の中にあることばっかり書いてしまうんですが、ブロ…

管理職になりたくない女性

女性活躍推進に関して各企業様で良く聞くこと。それは「管理職になりたくない女性」問題です。国は管理職の女性比率を上げたいようだし女性活躍推進の行動計画作れとか言われるけど、実際女性にアンケート取ったりヒアリングしたりすると「管理職になりたく…

育児と仕事の両立の話

正直、子供を持つつもりも予定もないわたしが、「育児と仕事の両立」とか「マタハラ問題」についてどの程度話していいのか、とためらうところがあるのですが、このところいくつかの企業の話を聞いたり、本を読んだりしていて、モヤモヤすることがありました…

アンケート調査の結果を生かす

ストレスチェック、社員満足度調査などのアンケート調査系のものについて必須なのは、「やりっぱなしにしないこと」と「一般従業員にまで結果などをきちんと落としていくこと」だと思います。こういうものって、アンケートとって分析してそれで満足してしま…

じぶんごととしての働き方改革

時折、自分の周りを見渡してはっとすることがあります。ほとんど毎日わたしが帰る頃合いに同じグループの人全員が残っているんです。入社して数ヶ月で、あまり仕事量がないはずの人も残っています。家庭があって「夫は自分でご飯を作れないからわたしが作る…

国民年金法における事実婚と同性パートナーについて

以前、同性パートナーは「結婚」という制度に乗っかれないので年金の関係でも不平等な状況にあるということを書きました。 ここについてもう少し詳しく語ってみます。実は結婚していなくても、国民年金法をはじめとする多くの社会保険では、「結婚しているの…

丸投げされる働き方改革

先日「働き方改革が経営から現場に丸投げされている。じゃあ人事ができるサポートってなんだ?」ということを考えてみるシリーズ記事を書きました。 そうしたら、「やっぱり働き方改革は現場に丸投げされている!」ということがわかる記事が出ているのを見つ…

わたしが職場のメンタルヘルスに興味を持ったきっかけ

しばらく固い話を書いてきたので、今日はわたしが職場のメンタルヘルスに興味を持つようになったきっかけについて書きます。 実は、自分がメンタルヘルス不調の一歩手前まで追い込まれてしまったんです。その頃、どんな状態だったかを書きます。 前職在職中 …

ストレスチェックと職場改善

とあるセミナーの情報を小耳に挟んだのですが、やはりストレスチェック後の職場改善活動って、個々人のストレス軽減効果が本当にあるっていう調査結果が出つつあるらしいですね。(ソースを探し中…) ストレスチェック後に個人結果を返却してストレス対処ヒ…

安全配慮義務

今日は安全配慮義務について学びました。安全配慮義務って人事の人にとっては結構大事なキーワードですよね〜。 安全配慮義務とは、労働契約法五条の記述で、 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよ…

マタハラ、パタハラと人事

今日はこんな記事を読みました。 いやあ。未だにこんなことやってるんですね。しかも激務で有名な会社とはいえ、日本一のメガバンクの傘下の超有名企業でこの有様。ちょっとびっくり。 特に衝撃だったのが、人事に育休を取りたいという話をしたところ「そん…

働き方改革の重要ポイント④

ここまで、働き方改革が頓挫しがちな例についてみてきました。前回は具体的進め方の問題について。 最後に、『時間と機会の問題』について触れていきます。 つまり、『残業削減の方針が出ていて働く時間は減っている、でも急激に人を増やせるわけではないし…

働き方改革の重要ポイント③

働き方改革の「やり方」問題 前回のブログでは働き方改革を進める上での従業員のコミットを引き出す方法について話しました。 もう一つ直面しがちな問題として、「働き方改革!残業ダメ!って言われてもやり方も教えられず…。どう行動したらよいかがわからな…

働き方改革の重要ポイント②

前回は働き方改革が「丸投げ」になっている現状について書きました。 何故そうなるかというと、 ①従業員が納得できてない ②やり方がわからなくて止まる ③時間や機会がなくて止まる という三つのパターンがあるのではとわたしは考えています。 今日はそのうち…

働き方改革の重要ポイント

丸投げ働き方改革 今日は働き方改革の話をします。 安倍政権と行政が「働き方改革」と言い出し、電通事件もあったことで、今年に入ってかなり企業のモードが変わってきているなという印象があります。経営課題として長時間残業問題や生産性の向上、メンタル…

マインドフルネスの体験

先日、マインドフルネスの体験をしました。体験知というんですって。体験してみないとわからない、伝わらない部分があるそうで。 体験 実際わたしが体験したのはレーズン・エクササイズと、呼吸法。 レーズンのエクササイズは、レーズンを指先で摘んで初めて…

「ダイバーシティってわたしのための考え方だ」と気づいてもらうこと

こんな声を聞くことがある。 「ワーキングマザーに手厚く支援(研修など)をして独身女性や男性から不満が出ないか?」 わたしは、不満が出るとしたら「それが自分にも起こることだっていうイメージが持てないから」だと思っている。 ワーキングマザーの大変…

育休中の社員の方のサポート

女性活躍推進が叫ばれるこのご時世、女性社員の方向けの研修を企画することがよくあるんですが、企業様からたまに聞くのが「育休中の女性への研修?うちは育休からの復帰率100パーセントだし制度もしっかりしてるから、とりあえずそこは大丈夫かな。それより…